ピアノ発表会に行ってきました。

 今日は小学4年生の娘のピアノ発表会でした。4歳の頃から習い続けてきたピアノですが、真剣に打ち込む姿もなく、今までなんとか続けてきたという感じでした。

 

 しかし発表会の1週間前になって、急に練習をし始めました。どうやら自分の練習不足に気付き、焦ったようでした。そしてなんとか当日を迎えましたが、発表会の度に、子供の成長を感じます。

 

 初めてステージに上がった時は、お辞儀もきちんとできず、ピアノも間違えれば、先生にすがったような目をして助けを求めていました。低学年の頃は、やっと人並みに挨拶と演奏が堂々とできるようになり、今回は完璧さを求めていました。

 

 私もピアノが弾けるので、親子で連弾発表もしています。個人の発表とは違い、少し楽しい雰囲気で弾いていますが、最近は子供の選ぶ曲についていけるのか心配になってきました。

 

 やっぱり現役で練習している子供は凄いなあ、と思います。それでも、できるだけ連弾も続けていきたいので、私も練習に励まなければ、と思いました。